英語レッスン

家族の愛情を垣間見たできごと

英語レッスンや留学サポートを通して、学生だけではなく、家族とも接する機会が与えられます。

特にお母さまとは、頻繁に連絡を取り合うことがあります。

学生に向き合うとき、その背後に彼らを愛して託してくださっている方たちがいることを、忘れてはいけないと思っています。

レッスン前に電話が鳴りました。

これから迎えようとしてる学生のお母さまからです。

「先生、ごめんなさい。いま息子がそちらに向かっているんですけれど、出る直前にちょっと言い合いになってしまって、ひどく怒らせてしまったんです。私がいたらなくて…… 先生にも反抗的な態度をとるかもしれません。すみません……」

いつも笑顔で凛とされているお母さまには珍しく、気落ちした様子です。

関係が良好なことは、家族の話をするときの彼の表情からよくわかっていました。

それでも思春期の男の子、虫の居所が悪いときもあるでしょう。

ドアを乱暴に閉めて家を出た息子を、お母さまはどんな思いで見送ったことでしょう。

電話を切ってから、こんな風に大切に、細やかな愛情を持って育てられている子どもは幸せだな、と温かな気持ちになりました。

当の本人はというと…… まったくいつも通り。

「ちわ~!」

と元気に教室のドアを開いて、入ってきました。

親の心配をよそに、外ではどう振る舞うべきかを、しっかりわきまえているのですね。

愛情をいっぱい注がれた子供は、想像以上に早く大人になっているものです。

(霜)